外来当番表

  月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
午前

上山逹典

嘉川亜希子

上山逹典

岩下龍史(PD・血管外科)

新村英也

岩下龍史(PD)

上田博章

岩下龍史(PD)

上山逹典

新村英也

午後

新村英也

上田博章

上山逹典

(休診)

上田博章

担当医師

医師紹介

上山病院 診療部長  新村 英也上山病院 診療部長  新村 英也(にいむら・ひでや)
1967年生まれ  医学博士
日本内科学会認定総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医



患者さん本位の治療を

 私がいつも心がけているのは「患者さんの声に常に耳を傾ける」こと。医者主導ではなく、あくまでも患者さん中心に治療を検討し、医師はそれをサポートするのが仕事だと思っています。薬を使って治すのが最終目標ではなく、基本は「健康な生活」。生活習慣や食事なども見直しながら、地域の健康管理の手助けをしていきたいと考えています。
 これまで私は循環器内科を専門として、心筋梗塞をはじめとした多くの急性期治療に携わってきました。透析の患者さんは脳血管や心血管の疾患を合併することが多いので、そうした面でも、これまでの経験を大いに生かしていきたいと考えています。
 総合内科窓口として、適切な専門病院へ橋渡しすることも重要な仕事です。近隣医療施設との連携をこれからも密にしながら、患者さん本位の医療に取り組んでいきたいと考えています。

出身大学 福岡大学  (H7年卒)
資格等 医学博士
日本内科学会認定 総合内科専門医
日本循環器学会認定 循環器専門医
所属学会 日本内科学会
日本循環器学会
日本心臓病学会
日本高血圧協会
日本心血管インターベンション学会

 上山病院 外科部長 岩下 龍史(いわした・りゅうじ)
 1973年生まれ  
 日本外科学会専門医

これまでの経験を生かして 

私はこれまで狭心症や弁膜症、大動脈瘤の患者さんたちの外科治療に深く携わってきました。心臓血管外科領域では、最近の10年で見ましても透析の患者さんの割合が年々増えてきているようです。担当した透析患者さんが、大手術の後、元気に退院されていくのを見送るたびに、透析医療の進歩を肌で感じておりました。これまでの経験を生かし、当院に来られる患者さんのサポートが出来るよう、日々の診療にあたりたいと考えています。

出身大学 鹿児島大学  (H11年卒)
資格等 日本外科学会専門医
所属学会 日本外科学会
日本消化器外科学会
日本胸部外科学会
日本心臓血管外科学会
日本血管外科学会

上山病院 診療部長  新村 英也上山病院 内科部長 嘉川 亜希子(よしかわ・あきこ)
1968年生まれ
日本循環器学会 評議員
日本循環器学会「循環器領域における性差医療のガイドライン」協力員



『怖くない医者が待ってます』

 みなさんこんにちは。上山病院への赴任まで鹿児島大学病院で循環器を専門に、その中でも特に女性の心臓病について研究、臨床経験を積んできました。上山病院は腎臓病や透析の患者さんが多い病院ですが、日々の診療の中で、腎臓病と心臓病はお互いに強く影響し合っており、両方一緒に治療していく必要があることを実感しています。また鹿児島大学病院勤務の時に、全国の国公立病院に先駆けて「女性専用外来」を立ち上げました。この外来のモットーは『どんな主訴・症状であってもじっくりお話を聞きます!』というものです。お陰さまで、患者さんからは“なんでも話せるし、なんでも聞けるこわくない医者“という評判をいただいていました。
上山病院ではこの外来をより前進させて、女性だけではなく、男性患者さんも、若い方からご年配の方まで、ちょっとした身体の不調から高血圧や高脂質血症、糖尿病等の生活習慣病の管理、循環器専門のフォローが必要な方まで幅広く対応できる外来を目指しています。「健康に関して心配な事はあるけれど、病院に行くのが怖い」と思っていらっしゃる方に、ぜひ当院外来を受診していただきたいと思っています。

出身大学 琉球大学  (H5年卒)
所属学会 日本循環器学会 
日本性差医学医療学会
日本心臓病学会
性差医療情報ネットワーク
研究等 性差医学医療分野の研究 
1.冠動脈内皮機能と女性ホルモンの関係についての研究
2.冠動脈内皮機能低下に影響する危険因子の性差についての研究
3.閉経後女性の虚血性心疾患に関する研究

このページのTOPへ